サロンメニュー

フレッシュ成長因子

selvital_face.jpg

ノーベル生理学賞受賞成分含有効果を最大限に実感
フレッシュ成長因子美容液誕生

・EGFターンオーバー力UP
・FGFコラーゲン・ヒアルロン酸UP
・KGF肌のバリア機能UP
・IGF細胞再生力UP
・SOD抗酸化力UP


EGFは、1962年アメリカのスタンリー・コーエン博士により発見された。
人間が持っているタンパク質で肌の表皮細胞を成長させるために必要な成長因子です。
EGFが発見された当初は、火傷を負った肌の再生を目的とし、皮膚再生医療の分野で使用されました。そこでの功績が認められ、1986年にノーベル賞を受賞しました。

成長因子にはEGFの他にもさまざまな種類があり、セルバイタルフェイスには5種類の成長因子を配合。また2剤式にすることでフレッシュな状態の成長因子が塗布できるため最大限に効果を実感いただけます。

肌再生力UP

たるみ・しわ・毛穴の開き・シミなど、加齢による肌のお悩みはどうして起きるのでしょう?
それは肌の中の成長因子が加齢とともに分泌されにくくなり、正常なターンオーバーができなくなるからです。成長因子の分泌量は赤ちゃんの頃をピークに、25歳前後から急激に減少し、30代では20代のころの30%、40代では40%減少すると言われています。

フレッシュ成長因子の効果を実感

成長因子は非常にデリケートな成分で、化粧品に加工する過程の温度や化学物質との配合・油分の付着や時間が経過することで劣化してしまい、その効果を最大限に実感することが困難でした。セルバイタルフェイスに使われている成長因子は今までの成長因子の弱点をすべて克服したフレッシュ成長因子です。

2剤式タイプ

使用する直前に混ぜて使うことで、時間による成長因子の劣化を防ぎます。

化学物質不使用

保存料なども含め化学物質を一切使っていません。

リポソームカプセル化

油分などの外的要因から成長因子を守る為、リポソームカプセルの中に包みました。

15度以下の温度で製造

熱に弱い成長因子を独自の特殊方法で低温でリポソームカプセルに入れることに成功しました。

ご使用方法

1. 1剤のエッセンスを2剤のエッセンスの中に混ぜます
2. 付属の付け替えキャップを取り付け、1剤、2剤のエッセンスが混在するように、上下によく振ります。
3. 先端のキャップを取り外して、スポイド部分を押しながら、適量を出して、お顔の気になる部分になじませたあと、全体にやさしく塗り広げてください。